オリジナルTシャツ、いろいろな場面で着る機会があります。学校のクラスで、部活の仲間や地域の皆さんなど、様々な仲間と「Tシャツを作ろう!」という話になります。ユニフォームのように着用したくて、何枚かをまとめて注文、という形が多いのではないでしょうか。その場合、スポーツ用品店や街の印刷屋さんでも注文することが可能なお店があります。ただし、最低何枚という条件が付く場合が多く、少ない枚数で作りたいなというときには、躊躇してしまいます。そんな時は、インターネットでの印刷屋さんを探してみると、少数枚数でも対応してくれるお店も見つけられます。オリジナルデザインの画像をメールで送ると、見積もりと出来上がりイメージが返送されてきますので、イメージの確認もできます。Tシャツの色も各色あり、印刷するものの色も選べるので、より個性的なTシャツが作れます。

オリジナルTシャツ、何で必要?

なぜ、オリジナルTシャツを作るのでしょうか?まずは、作ろう!となった時に意識しているのは、団結力・一体感を感じられるようにということが多いでしょう。ユニフォーム(uniform)の語源「uni→ひとつの + form→形」どおり、同じ服を着た人同士となると一体感がアップし、人と人との距離感も近くなった気がします。また各々が応援するときなどにも同じチームの目印にもなったり、イベントや大会後・卒業後も思い出の品の一つにもなります。その他にも、大会出場や技術の向上などの目的を、チームで意識し一丸となれるよう明確にするために作るという方もいます。やはりオリジナリティのあるTシャツを着用することで、チームのカラーや独自性、個人の自分らしさが強調できるというのが一番の利点になります。

オリジナルTシャツをよりオリジナルにしたい!

オリジナルTシャツを作成したいときには、印刷屋さんへ注文するという方法が一般的ですが、もっとオリジナリティーが出る「自分で作る」という方法もあります。一番安価に簡単にできるのは、アイロンプリントを使う方法です。専用のTシャツ転写紙が販売されているので、PCで作ったデザインを転写紙に印刷し、アイロンでぎゅっと抑えるだけで完成です。アイロンプリントよりもお洗濯などへの耐久性を求めたい場合は、同じシートを熱で張り付けるサンラバーという方法があります。一番本格的なものは、シルクスクリーンです。版画の技法のひとつで、一色ごとに版を作成し、インクを刷る方法です。版を作るためには専用の機械や用紙が必要となりますが、インターネットを使えば、セットになったものを購入可能です。このように、自分自身で作成すると、子供の初めて書いた文字や傑作な絵など、気軽にオリジナルTシャツの作成が可能になります。

運動会などの学校行事には欠かせないお揃いのオリジナルプリントウェアを学割価格で買える! オリジナルTシャツの作成が簡単にできます。 お揃いってだけで盛り上り方が変わります。 ちょっと気になる箇所が見つかったとき1回だけなら無料で修正いたします。 カラーも素材も選べてオリジナリティアップ。 ご来店される場合は事前にお電話にてご予約ください。 クラスTシャツやチームウェアのオリジナルTシャツなら